top of page

全ての子どもたちに夢を!夜の水族館で、マーメイドショーを観てきました♪



はじめまして!フリーライターの伊勢田美保です。

2022年8月28日(日)に奄美海洋展示館で行われた「OCEANZ presentsマーメイドショー2022」についてレポートします。奄美海洋展示館といえば、海に落ちる美しい夕陽でも有名な、大浜海浜公園内にある奄美大島唯一の水族館。ここでは昨年10月にもOCEANZ(オーシャンズ)の企画によりマーメイドショーが行われており、今回は大好評を受けての第2弾です。


当初7月に行われる予定だったそうですが、コロナの影響を受けて、ひと月延期しての開催。しかしその内容はというと、前年よりさらにパワーアップ、5人のマーメイドが登場するショーは国内最大規模とのこと!!

公演は昼と夜の2回あり、しかも夜公演は初…と聞き、夜に行ってみました。(昼と夜の両方に行ったツワモノもいたそうですが笑)



ショーの開催を聞きつけ、会場には開演30分ほど前からすでに多くのお客さんの姿が。ウミガメや奄美近海に住む熱帯魚がゆったりと泳ぐ大水槽の前で、開演を今か今かと待ちわびていました。


ついに夜の部開演!


日が沈み、薄暗くあかりの落とされた密やかな館内。そこをポップに照らしだす色とりどりの照明。夜の水族館というだけで、何でこんなにもワクワクするんでしょう〜。リトル・マーメイドの音楽も、否応なく期待感を高めます。

そこへ、お待ちかねのマーメイド登場!



「わ…!」


ひらひらと頭上から舞い降りてきた3人のマーメイドたち。会場が一気に華やかさに包まれます。そこからは息つく間もなく、色鮮やかな衣装に身を包んだ人魚たちが、入れ替わり立ち替わりパフォーマンスを魅せてくれました。バックミュージックはもちろん、リトル・マーメイド♪


※ショーに使用した楽曲は、JASRACの演奏利用許諾を得ています。



ライトを浴びながら泳ぐ姿は何とも幻想的!



ソロのパフォーマンスだけでなく、ペアで目配せをしながら交差したり、くるんと回転したりと、まさに自由自在。



可愛くバブルキスを投げる人魚がいたかと思えば、じゃんけんを始めるチャーミングな人魚まで現れ、キャラクターもそれぞれあって面白いです。




食い入るようにして見つめる子どもたち。

人魚からの突然のじゃんけんにも、ちゃんと応じていましたよ(笑)






それにしても、人魚たちの泳ぎの美しいこと!


動きがしなやかで柔らかく、見惚れてしまいます。ただこれ、一見簡単そうに見えるけど、結構な技術がいるはず…と妙に関心してしまった私。

というのも実は、昨年オーシャンズで、生まれて初めて「マーメイドスイム体験」をしたんです。両足を固定した状態で、腰をうまくコントロールしながら泳ぐ難しさを体験していただけに、「なんでこんなにスマートに泳げるの??」と衝撃を受けました…。



オーシャンズだからできる演出


なぜ美しく泳げるのか。もちろん理由があります。それは、彼女たちがみんな、ライセンスを保持したプロのマーメイドスイマーだから。

奄美大島唯一のSSIフリーダイビング&マーメイドセンター登録店であるオーシャンズの企画とあって、出演する人魚たちは、マーメイドスイムに必要となる美しいスイミングスキルはもちろん、長く息を止めて水中にとどまる技術も習得した熟練者。だからこそ、こんなにも優雅に泳ぐことができるんですね〜。


※トラブルが起きた時に救助できるよう、水槽内にはプロのセーフティも控えており、しっかりとした安全管理のもと行われていたそうです!

オーシャンズのマーメイドスイムについて、詳しくはこちらのコラムをご覧ください


ショーは三部構成。音楽もそれぞれ異なり、時に愉快に、時にしっとりと雰囲気が変わる中、人魚たちもさまざまな表情や動き、絡みでそれぞれの世界観を演じてくれました。



このプログラムは全てオーシャンズのマーメイドインストラクターが構成しており、振り付けも出演者と共に作り上げた完全オリジナルなのだそう。場面が切り替わるたびに、会場では拍手と歓声が起こっていましたよ。





一緒に泳ぐウミガメさんも心なしか楽しそう♪

人魚たちは、水槽内の生き物に影響のないよう、触れないように泳いでいたということですが、人懐っこいウミガメさんはすれすれまで大接近。これには人魚もびっくり。会場は笑いに包まれていました!



そしていよいよ、クライマックス。

ショーの締めくくりは、水槽の中の人魚と会場が一緒になっての記念撮影です。


「親御さんたち、シャッターチャンスです!」

アナウンスを皮切りに、水槽前に子どもたちが並び、大人たちは一斉にその姿を写真に収めていました。これはいい思い出になりそうです。



水槽の上からもさようなら〜。5人の人魚揃ってのご挨拶に、会場の興奮も最高潮に達しました!



夜だけの特典!マーメイドとの記念撮影


ショー終了後には、2階の大水槽前でマーメイドたちとの記念撮影も行われました。実はこれ、夜公演だけの特典。憧れの人魚と近づけるとあって、しばらく行列が途絶えませんでした。


「ありがとう、また来てね」の声とともにパシャリ。

みんないい笑顔!この中に未来のマーメイドはいるかなあ??



ショーを観終えた会場からは、「キレイだったね」「来てよかったね」「感動した〜」の声がたくさん聞こえてきました。なによりも印象深かったのは、観終えた後の子どもたちのキラキラとした笑顔!この一夜の経験が、どんな風に記憶に残り、夢を形作っていくのでしょう?もちろん大人も、ですね。

ちなみに私自身は、(あんな風に海で自由に泳げるようになれたら楽しいだろうな〜)なんて密かに思いを馳せていました…笑


オーシャンズのマーメイドショーは今後も定期的に開催していくそうなので、興味が湧いた方はぜひ一度、生の公演を観に行かれてみてください。きっとそこには、新たな世界が広がっていると思いますよ。



                                                                  奄美大島のマーメイドトレーニングセンター「OCEANZ」

日本では非常に珍しいマーメイドインストラクタートレーナーが在籍するダイビングショップ「OCEANZ」では、マーメイドスイムを学ぶプログラムがあります。
マーメイドスイム体験は10歳から体験可能。現在、6歳以上から参加できるマーメイドプログラムも準備中です。
オーシャンマーメイドライセンス取得コースは12歳から参加可能となっています。



執筆:フリーライター 伊勢田美保


福岡在住。高校からデザインを学びプロダクトデザイナーになるも、心機一転、2013年よりライターへ転身。旅、食、教育、医療、福祉、アート、リクルート、ワーケーションなど幅広い分野で執筆する。知らない世界や土地の食べ物に探究心を燃やす。今までに見た忘れられない景色は、奄美大島の雨上がりの朝陽、バリ島の海に沈む夕陽、ペルーの荒野で見た星空。奄美大島の「かしゃ餅」をこよなく愛す。


Comentários


bottom of page