• Masato

シュノーケリングに必要な器材

最終更新: 3月19日

シュノーケリングは、「マスク」、「スノーケル」、「フィン」、「ライフジャケット」を使用します。これらは4点セットとも呼ばれ、シュノーケリングには必須のアイテムになります。「マスク」、「スノーケル」、「フィン」はスキューバダイビングやスキンダイビングでも不可欠な装備となっています。



マスク


海中を覗くために装着するのがマスク。いわゆる水中メガネです。シュノーケリングで使用するマスクは、プールなどで使用するゴーグルタイプではなく、鼻までカバーするタイプです。一眼と二眼タイプに分けられます。視力の弱い人は、二眼タイプを選ぶと、レンズを交換できるため、度付きのレンズを入れることも可能です。人それぞれ顔の形には違いがあるので、装着してみて自分にフィットする物を選ぶのが基本です。合わないマスクをして海に入ると、マスクの中が浸水してしまうこともあります。ちなみにマスクとシュノーケルは、同じメーカーで統一するとぴったりフィットしやすいでしょう。


シュノーケル(スノーケル)


シュノーケル(スノーケル)は、水面に顔をつけながら呼吸を可能にする道具です。平仮名の「し」のような形をしています。シュノーケリングの際はマウスピースの付いた一方の端を口にくわえ、もう一方の端を水面上に出すことで空気を取り入れます。以前はゴム製のマウスピースが多く、その独特のニオイを嫌う人も多かったのですが、最近はシリコーン製のマウスピースが増えてきています。また、昔のシュノーケルは、特に初心者や小さな子供は水を飲み込んでしまうことが多かったのですが、最近のシュノーケルは排水弁や波除けが付いているものが多く、とても扱いやすくなっています。


フィン


フィンは、泳ぎを補助する装備です。プラスチックやゴム製が多く、フィンをうまく使いこなせるようになると、泳ぎの推進力は格段に上がります。ボートでポイントまで向かうシュノーケリングツアーの場合は、直に足に装着するフルフットタイプを使用しますが、岸近くでシュノーケリングする場合は、ブーツの上から装着するタイプのフィンが便利です。


ライフジャケット


主に水面で活動するシュノーケリングでは、ライフジャケットは浮力を確保するために重要な装備です。必ず身につけてから海に出ましょう。子供たちを同伴する大人もライフジャケットは必須です。シュノーケリング中に足がつってしまうなどのトラブルがあっても、ライフジャケットを身につけていれば、沈むことはありませんし、救助に向かう人の安全も確保できます。最近のライフジャケットは、とてもカラフル&ファッショナブルなので、選ぶ楽しみもあるでしょう。


シュノーケリング・そのほかの重要な装備


4点セットはとても重要な装備ですが、シュノーケリングではほかにもアクティビティの安全を確保するための重要な装備があります。


ウェットスーツ


ウェットスーツは、シュノーケリングにおいて必ず必要な装備ではありませんが、あるととても便利です。まず、ウェットスーツを着用すると浮力を得ることができます。ライフジャケットを着用すると少し泳ぎにくいのですが、ウェットスーツなら体にぴったりフィットしているので快適に泳ぐことができます。続いての便利ポイントは保温性。少し肌寒いような日でも、ウェットスーツを着用すれば体を暖かく保つことができます。さらにウェットスーツを着用すると、サンゴや岩による外傷や日焼けを防ぐことができます。

ご予約はこちらから

『OCEANZ(オーシャンズ)』各コースのご予約はお電話及びWeb予約フォームから承っております。

​まずはお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間:07:00〜20:00​(定休日:年中無休)

奄美大島 シュノーケリング・ナイトシュノーケリング・マーメイド体験・スキンダイビング 『OCEANZ(オーシャンズ)』

奄美大島 シュノーケリング・ナイトシュノーケリング・マーメイド体験・スキンダイビング

OCEANZ - オーシャンズ

所在地:〒894-0505 鹿児島県奄美市笠利町平1295-2
電話番号:0997-57-1987
メールアドレス:support@oceanz-jp.com
営業時間:07:00〜20:00
定休日:年中無休

Homepage Designed by TLWorks

© Oceanz, All Rights Reserved.

奄美大島 シュノーケリング・ナイトシュノーケリング・マーメイド体験・スキンダイビング 『OCEANZ(オーシャンズ)』
  • Instagram
  • Facebook