シュノーケリングの基本テクニック


ここからはいよいよシュノーケリングの基本テクニックを解説していきます。




シュノーケルを使った呼吸方法

シュノーケル(スノーケル)を使う呼吸方法です。陸上で呼吸する場合とは違い、マスクを着用しているため鼻を使うことはできません。そのため口で吸う・吐くの動作を繰り返します。ゆっくりと、深く呼吸するよう心がけましょう。繰り返し練習することで自然と身につきます。


シュノーケルのくわえ方


  1. 口を「あ」の形にしマウスピースを口の中に入れる。

  2. マウスピースの内側のチップを歯で軽くくわえ、口を「い」の形にする。

  3. 周りのスカート部を歯ぐきと唇の間にはさむ。

  4. 水が入らないように唇をすぼめ「う」の形にする。


シュノーケルから水を排出する方法(スノーケルクリア)


シュノーケルには時々水が浸入してくることがあります。このまま息を吸ってしまうと海水を飲んでしまうことになるので、水を排出するテクニックを覚えましょう。


  1. 顔には装着せずにシュノーケル全体を水に浸けて、筒の中に水を入れます。

  2. 筒に水が入った状態のままシュノーケルのマウスピースを口にくわえて、吹き矢を吹く感じで「フッ!」と強めに息を吹くと、シュノーケルの上部と排水弁から水が抜けます。

  3. マスクとシュノーケルを装着しマウスピースを口にくわえ、足のつく所で頭を水に浸けて筒の中に水を入れます。その後は②の様に「フッ!」と強めに息を吐いて水を吐き出します。

※息を吐き出しても筒の中に水が残ってしまっていると、息を吸う時に気管に水が入りむせてしまいます。シュノーケルクリア後の一呼吸目は水が残っている可能性があるので、ゆっくりと吸うようにしましょう。




マスククリア

マスクの中に水が入ってしまうと鼻から水を吸ってしまう場合があり、そうならないようにマスクに水が入ってしまったときは対処法として、マスククリアを行います。


  1. マスクのこめかみ近くにあるフレーム(硬い部分)を押さえながら鼻から息を少しはき出します。

  2. 水をマスクの外に押し出します。

※上手にマスククリアができない時は、ラッコのポーズ(以下で説明)になり、マスクの下部を持ち上げて水を出す。




フィンキック(バタ足)
  1. 脚全体をつま先まで伸ばし、太ももの付け根から大きく動かします。かかとが立っていると力が水に伝わらず進みません。

  2. フィンが水面に出てバシャバシャと大きな音を立てないようにします。




ラッコのポーズ(水面での休憩ポーズ)
  1. うつ伏せの状態で水面で身体を水平な状態にします。

  2. 手を使って身体を回転させます。

  3. 仰向けになったらアゴをひきます。